杢目金は日本の誇る伝統技術

杢目金は刀のつばに使われていましたので、一度は失われましたが、復活した技術です。

杢目金の秘密

杢目金は日本の誇る伝統技術

杢目金の技術は職人の腕の結晶とも言えるものです。

金属加工は江戸時代にも発展していましたが、複数の金属を使用し木目のような仕様にする技術は独特のものです。

杢目金は刀のつばに使われていましたので、一度は失われましたが、復活した技術でもあります。

刀のつばという小さな装飾品に、細かい加工を施す事が出来る技術の細かさはすごいですよね。

今の時代、欧米などの職人芸でのハンドメイドのバッグなどブランドとなり高額で売買されています。

こういう日本の特殊加工技術も、日本ブランドとして販売していけば、素晴らしいものになると思います。

ただ、今の時代販売ルートと宣伝による知名度の確保が必須ですよね。

その辺が職人にとっては苦手分野になりそうですし、難しいのかもしれません。

杢目金は日本の誇る伝統技術の一つだと思います。

一度は失伝してしまいましたが、今後は絶やすことなく続けていって欲しいものです。

杢目金仕様のベルトや彫金とか、和風ですけど美しい金属加工でいいものだと思うのですけど。

ですが大量生産と素材と本来の精神的な意味の生産者との対話は相反するものです。

この意味でも芸能の意味が強いものになりそうですね。

もう少しポピュラーになっていもいいと思うのですけど。


Copyright (C) www.phuthapboek.com. All Rights Reserved.

杢目金の秘密