杢目金の歴史

杢目金は江戸時代初期から鍛えれてきた技術です。

杢目金の秘密

杢目金の歴史

杢目金の歴史は古く、杢目金は江戸時代初期から鍛えれてきた技術です。

江戸時代初期に金属加工技術の新しいものとして、始められました。

今でも貴重な美術品として、各地に保存されています。

もともと木目調を金属加工により表現する技術ですが、個人の腕によるところが大きく、一度江戸末期から明治初期にかけて需要がなくなった事もあり、失伝してしまったどうです。

昔の人は寿命もそう長くはないですし、職人の技術の大半は腕を認められ、伝えられていきます。

書物などで表すのにも限度がありますよね。

そのせいで杢目金の技術は一度は失われてしまったようです。

とはいえ、優れた技術葉復元しようとする人がでるもので、再度技術は伝えられるようになります。

杢目金復活かと思いましたが、昭和初期…要するに世界大戦の時期にまた失われてしまったそうです。

技術者や職人は戦争関連のものへ行ってしまった影響もあるのでしょうか。

杢目金は失われたり復活したりした技術とも言えます。

ですが、その美しさは格別で金属加工としては高い品質になっています。

その為、指輪など装飾品にも多様されるようになりました。

キレイですので、一度は見て欲しいですね。

こういった日本の伝統技術はしっかり伝えていって欲しいものです。


Copyright (C) www.phuthapboek.com. All Rights Reserved.

杢目金の秘密