杢目金って?

杢目金とは、もう400年前からある技法で、金属を木目の柄にするものです。

杢目金の秘密

杢目金って?

杢目金とは、あまり聞かない名称かもしれません。

この杢目金とは日本の金属加工技術の一つです。

その名称の通り、木目調のデザインが美しいです。

江戸時代から始まった技術で、木目調を金属の色の違いで表すことを基本としています。

実際にその技術をみると、その美しさに目を奪われます。

木目調を金属で再現する事が出来るのも驚きですが、そのデザインもすごいです。

江戸時代は武士の時代でしたので、武士の象徴である刀のつばのデザインとしてよく使われていたようです。

個人的には「刀のつば」はつばぜり合いの時に使う物と思っていましたので、実用品というイメージがありました。

ですが、実際は江戸時代は争いなどありませんでしたから、実用品ではなく装飾品としての意味合いが強かったようです。

杢目金は銘木の一種である鉄刀木に類似していることから、タガヤサン地とも言われています。

使われている金属も様々で、金銀、銅、赤胴を張り合わせたものを言います。

江戸時代は平和な時代でしたので、職人の技術が研鑚されていった時代でもあります。

杢目金の美しさもその時代の恩恵を得た結果だと思います。

しかし、この技術は前提となる職人が一定以上の技術があることが前提ですので、中々難しいようです。

今ではこの杢目金で結婚指輪や婚約指輪がつくれるのです。
杢目金の指輪はあらゆるシチュエーションにもあいます。

結婚基礎知識>>結納の時の服装で注意すべきポイントまとめ


Copyright (C) www.phuthapboek.com. All Rights Reserved.

杢目金の秘密